運営の目をごまかす隠語の存在

- 運営の目をごまかす隠語の存在

運営の目をごまかす隠語の存在

出会い系サイトや掲示板を使って、援助交際を探しているという人もいるでしょう。
しかし、援助交際に関しては運営がチェックをしていることをしっていますか。
やはり、健全な運営をしないと法律違反として摘発される可能性もあるからです。
また、未成年との援助交際もやはり条例違反となったりして、運営側が捕まるなんてこともあるのです。
ですので、運営が援助交際を匂わせる書き込みをチェックするのは当たり前なのです。
以前にスタービーチも出会いやすい、援助交際しやすいと評判でしたが、やはり法律違反としてサービス閉鎖へとなってしまうのです。


運営の目をごまかす隠語とは

それでも、男性ももちろんですが、女性や女の子でも援助交際をしたいというのは現実です。
援助交際をしてお金をもうけたいというのは、女性や女の子としても、罪悪感が薄いことやさらに切羽つまっているからなど、さまざま事情があるのです。
そんな事情もあり、援助交際をしようとして、女性や女の子は、運営の目をごまかすということで、隠語が出てきました。
次のような言葉があるときには、援助交際を求めているのです。
まずは、金額でKや諭吉です。
単位としては一万円となります。
これらの前や後ろに数字がつくと金額になるのです。
また別一、別苺とつくとホテル代別で1万円、苺は15000円となります。
大抵は一万円以上からとなります。
あと、助けてください、困っていますもそれは援助交際の隠語にもなっています。
あと割り切りも、援助交際相手募集、一回だけ会いましょうという意味にも使われています。
パパ探してますも援助交際を求めていますという意味です。
また、数字で4文字並ぶ場合には時間を指していることがあります。
1800だと18時という具合です。
あと、本なしだと本番なし、ゴ本だとコンドームつきで本番ということです。
ゴ無など、生で本番ということになります。

最後に

こうした隠語が組みあわさって、条件となっています。
こうやって、女性や女の子は運営の目をごまかして、援助交際相手を探しているのです。